No.0051   回転寿司 三国志第2話 黄巾ノ乱(こうきんのらん) 

次のお話
回転寿司 三国志第3話 乱世ノ奸雄(らんせのかんゆう)

作者

hana

公道のコンクリートとサーキットのコンクリートってタイヤのからみ具合がまったく違うんですってね。
うわー、すごく萌えてきた。


~キャラクター紹介~

張 角( ちょうかく、たまご )

後漢の時代に生きた太平道の教祖(卵の寿司)。
南華老仙より「太平要術」3巻を授けられ、 風雨を呼ぶ能力を身につけた。 後に、黄巾の乱を起こし、乱の最中に死亡。


張 宝 ( ちょうほう、たまご )

指導者・張角の次弟(兄弟なのでこちらも卵)。
兄が黄巾の乱を起こすと弟の張梁と共にこれを補佐した。 「地公将軍」と自称し、病で倒れた兄に代わり反乱の指揮をとったという。


張 梁 ( ちょう りょう 、たまご )

張角、張宝の弟(やはり卵の寿司)。
「人公将軍」を自称。兄達と共に黄巾の乱を起こす。

[PR]

トップへ