No.0082   革命軍入隊篇 

次のお話
革命軍歓迎篇

作者

エンドウ

入社当初、社長とこんなような会話をした覚えがあります。
あ、でもこの物語はフィクションです。
ご安心ください。

[PR]

トップへ