No.0173   覇道は食に在り 第1話 学食は私のもの 

順調に教師・生徒の胃袋を掌握し、学園を支配下に置く学食生徒会。
しかしそんな彼らに、思わぬ危機が襲いかかる!?

次回、第二話「溢れかえるバナナ」
ご期待ください。

※この作品はPS Vita用ゲーム「マンガ・カ・ケール」で作成しています。


< 人物設定 >

結城 カスミ

学園の生徒会長。2年生。
学食生徒会の発起人として、生徒・教師の胃袋を掌握することで実権を得た。
人にはあまり興味がなく、興味の対象が全て料理に向いている。
好物は「塩辛いものならなんでも」。
料理の腕は抜群だが、砂糖を扱わせると途端に大ポカをやらかすという妙なクセがある。


松風 ハヤト

学園の副生徒会長。2年生。
眉目秀麗な優等生だが、彼の目には会長しか見えておらず、あらゆる告白を断ってきた。
料理には特に興味はないが、会長がやると言っているなら徹底的にやる。
好物は「食べられればなんでも」。
まるで化学の実験のように、正確無比な計量をしつつ料理をする。


霧沼 モトコ

学園の生徒会書記。1年生。
おとなしそうなメガネ女子だが、中身はかなりの腹黒。
今のポジションにいるのも、会長の権威を笠に着るため。あと何故かいつもジャージ。
好物は「ジャンクフード」。
本人は一切料理をせず、雑用に徹しているが…?

[PR]

トップへ